たくの詳細プロフィール

はじめまして!意識高い系高専生のたくです!

「意識高くていいじゃない」へようこそ!

当ブログでは、主に学生に向けた情報を発信しています。

それではさっそくですが僕のプロフィールをどうぞ!

1つの学年が50人程度の超絶田舎中学に入学した僕が最初に感じたことは、

https://ishikitakame.com/wp-content/uploads/2019/01/47b804be495d4b9e7c65ce4333c9fae0-1-e1549174540814.png
たく

僕、天才じゃね?

最初のテストで学年2位、次のテストで学年1位を取りました。
しかも全く勉強せずに。

そう、早くもここからたくの勘違いストーリーが始まります。

この勢いに乗ったまま、中学時代は超優等生として邁進していきます。

生徒会副会長をしていたときは校則改正にも着手し、古き悪しき校則を改正したり、学年級長をしていた時は先生との連携で修学旅行のプランを少し変更したり、

なかなかな活躍をしていた気がします。

ですがこれは学年50人の超田舎学校での話。
つまり敵が少なく、いわゆるぬるま湯環境での話です。

そして中学三年生、受験の年です。

自分を天才だと思っているたくは受験勉強に意味を見出せません。

https://ishikitakame.com/wp-content/uploads/2019/01/47b804be495d4b9e7c65ce4333c9fae0-1-e1549174540814.png
たく

受験勉強なんて無意味!僕は天才なんだから勉強しなくてもいい所行けるはずだし、頑張りたくない !

はい、バカです。

今考えれば相当なバカ発言ですが、当時は大まじめに考えていました。

そして僕には姉がいるのですが、その姉が高専に通っていました。

高専の説明を軽くすると、五年間かけて高校と大学の内容を詰め込む、工業に特化した超効率教育を売りにした機関です。
地元にあった高専はなかなかレベルが高く、偏差値も近所一番の進学校と同じくらいでした。

高専には推薦システムがあり、面接と中学の成績のみで合否が決まります。

https://ishikitakame.com/wp-content/uploads/2019/01/47b804be495d4b9e7c65ce4333c9fae0-1-e1549174540814.png
たく

絶対これやな。しかもエンジニアとか天才の仕事やん。絶対僕向きやん。

当時プログラミングとかにあこがれていた僕は、高専に入学することを決めました。

プログラミングができそうな情報科に行こうと思い、見学に行くと、とても気持ち悪い先輩に絡まれました。(オタク的な意味で)

いや、オタクがきもい、情報科がきもいというのではなく、質の悪い一部の集団に当たっただけです(笑)

そこで僕は「こんな気持ち悪くなりたくない」と思い、根拠なく機械科へと志望先を変更します。

高専入学~編入受験編

無事に高専へと合格した僕は、最初のテストで驚愕します。

40人クラスで7位

最初だし、ちょっと頑張ってやろうかなと勉強して臨んだテスト。

上位とはいえど、7位です。

まさに井の中の蛙大海を知らずとはこのこと。なんと自分は天才ではなかったのです。

いや、次のテストはいける。と、もう少し頑張ります。

すると次のテストは

12位

あれ?おかしくない?
前より頑張ったのに?

ここで確信します。
僕はただの勘違い野郎だったと。

ここからはそこそこの順位で、そこそこの学生生活を歩みます。

そして四年生の夏、大学に行きたい僕は、編入試験の準備を始めます。

編入について軽く説明します。
5年間行く高専では、卒業後に、一般大学の三年生に編入という形で入学することができます。編入は普通受験よりも簡単で、「抜け道」「表だけど裏口入学」と様々な呼ばれ方があります。

ここで僕は有名国立大学を目指します。

そして、見事に落ちます。(笑)

そしてすべり止めとして受けていた同じ高専の専攻科へと進学が決まります。

専攻科とは、高専に設置されている研究機関で、高専卒業後2年間行って研究をすると、大学卒業と同じ学位をもらえる機関です。

つまり僕は7年間同じ学校へ通うことが決定したのです。

現在編

現在高専5年生のたくです。卒業研究も終わり、専攻科への準備を進めています。

大学に行きたかった理由として、環境を変えたかったというのがあります。

その為僕は専攻科に魅力を感じることができませんでした。

しかし最近、いろんな人とお話をさせていただく機会があり、高専の魅力や、自分の将来について深く考えるようになりました。

その中で、発信という一つの柱を見つけました。

国民総発信時代と言われてしばらくたちますが、自分にプラスになる発信をできている人は少なく、有益な発信をしている人も多くありません。

「そうだ、ブログをはじめよう。
 なんだかんだ、高専に入ってよかったことも多いし、魅力を伝えていこう。
 自分の学んだことを発信して、周りの人の役に立とう。
 そうやって、自分の生きる道を探していこう。」

発信して得られるメリットが多いと気づいた僕はブログをはじめます。

それがこの、「意識高くていいじゃない」です。

このブログについて

意識高くていいじゃない

これは最近の僕が大事にしている言葉です。

例えば、

投資を勉強し始めました。

起業しようと思います。

このような発言をすると、どのような反応が返ってくると思いますか?

「いやいや(笑)
 意識高い系だな(笑)」

はい、だいたいこんな感じです。

ですがここで僕は言いたい。

https://ishikitakame.com/wp-content/uploads/2019/01/47b804be495d4b9e7c65ce4333c9fae0-1-e1549174540814.png
たく

意識高くていいじゃない!

はい、これが僕の伝えたいことです(笑)

自分の感じていることを発信できる世の中、もっと自由に生きたいじゃないですか。
僕も自由に生きるので、みんなも自由に生きましょうよ。

この思いをこのブログを通じて伝えていけたらなと思います。

関係ない記事もいっぱい書きますが(笑)

最後に

このブログではなんでも発信していきます。

高専に関する記事、好きなものの紹介、書評、チャレンジ企画、、、何でもです(笑)

ぜひ、ほかの記事も読んでいってください!

あと、Twitterをしているので、ぜひフォローください。
質問などにも極力答えるので、リプもください!

それでは、ほかの記事で会いましょう。